長久保のしそ巻のこだわり

ご挨拶

長久保のしそ巻本舗 店主 篠原 福一

伝統の味・彩・技を今に伝える

長久保のしそ巻本舗は、創業以来、「伝統の味・彩・技を今に伝える」の精神でお客様へ商品をお届けしてまいりました。昭和9年創業者の長久保ツネが苦労してつくりあげた「長久保のしそ巻」。その精神と商品づくりにかける情熱は今も変わりません。大量生産が当たり前の時代だからこそ、長久保の伝統的な製法の手造りにこだわります。

 

長久保のしそ巻のこだわり HISTORY
昔ながらのふるさとの味、いわき名物「長久保のしそ巻」。長久保が守り続ける漬物です。長久保のしそ巻

長久保ツネ昭和の初めの頃でした。

長久保ツネは、雑貨商を営むかたわら漬け物作りにも工夫を重ねていました。 そうしてできあがった、ちょっと自慢の品が「しそ巻」。店頭に並べたところたいへんな評判になり、各地からお客様がおいでになりました。

このころのいわき地方は常磐炭坑の最盛期。炭坑で働く人々も「しそ巻」が大好物。ツネはリヤカーを引いて毎日のように炭坑に届けていたといいます。

リヤカーやがて、隆盛を誇った常磐炭坑も閉山の時を迎えることになり、炭坑で働く人々は、全国各地に移り住んでいきました。それでも「長久保のしそ巻」は、ふるさとの味として愛され続けました。そして、今でも当時と変わらない味を守り続け、いわきの味として広くよろこばれています。

いわきで生まれ、いわきで育てられた商品だからこそ、今後もいわきらしさを感じられる商品であり続けたいと考えます。

 

長久保食品・受賞の歴史

賞状平成6年、福島県観光みやげ品コンクールにて、末広漬、壱年胡瓜、木の葉漬、長なす、らっきょうの5種類の漬物をセットにした、長久保の詰め合わせ「味(あじわい)」が、最高位の県知事賞を受賞いたしました。

昭和59年に、「長久保のしそ巻」が同コンクールの県知事賞を受賞いたしましたのと合わせまして、おかげさまで2度の栄誉をいただいております。

伝統を守りながら、今後も精進いたして参ります。

受賞歴
コンクール名 受賞商品 / 賞
昭和41年 県漬物品評会 長久保のしそ巻 / 福島県漬物食品組合賞
昭和55年 県観光みやげ品コンクール 三色かご / 福島県物産振興協会賞
昭和56年 県漬物品評会 長久保のしそ巻 / 福島民報社長賞
昭和57年 県観光みやげ品コンクール 三色かご / 福島民報社長賞
昭和59年 県観光みやげ品コンクール 長久保のしそ巻 / 福島県知事賞
昭和62年 県観光みやげ品コンクール 鈴の詩 / テレビユー福島賞
昭和63年 県観光みやげ品コンクール 菊すし / 福島県商工会議所連合会賞
平成2年 県観光みやげ品コンクール 大漁 / 福島民報社長賞
平成4年 県観光みやげ品コンクール 波紋 / 福島県商工会議所連合会賞
平成5年 県観光みやげ品コンクール そうだナス / 二本松物産協会賞
平成6年 県観光みやげ品コンクール 味(あじわい) / 福島県知事賞

 

長久保のしそ巻を守り続ける人々

「長久保のしそ巻」の素材と伝統

店舗のご紹介

鹿島店
  • 直営店 鹿島店
  • 〒971-8133
    福島県いわき市鹿島町米田字南内4の1
  • 電話 0246-29-6600
  • ≫直営店 鹿島店HP
鹿島店外観・店内
好間店
  • 直営店 好間店
  • 〒970-1194
    福島県いわき市好間町中好間字鍛冶内28の2
  • 電話 0246-36-0550
好間店内

▲ページのトップへ戻る

特定商取引法個人情報保護方針サイトマップお問合せ